オーストラリア・シドニー留学・ワーキングホリデー情報サイトイギリス・マンチェスター


シドニー(オーストラリア)でワーキングホリデー、留学、
そして語学・専門学校のスタッフを経験し、
マンチェスター(イギリス)では、大学院留学(MBA)の体験者が送る
オーストラリア&イギリスの留学+ワーホリ+生活情報

 
ホーム
オーストラリア
基本情報
ここが違う!
>> 生活の知恵
イギリス
留学・ワーホリ
大学院(MBA)留学
掲示板
海外生活密着記
管理人プロフィール
 
メールはこちらまで  メール
シドニーの天気予報
オーストラリア・シドニー オーストラリア > 生活の知恵
*交通機関  *電車  *バス  *フェリー *食事  *スタッフの対応  *ネットワーク
 
*交通機関
シドニーの主要交通機関は電車(City Rail)、バス(Sydney Buses)、フェリー(Sydney Ferries)。この主要交通機関の1つが必ず各地域をカバーしているので車がなくてもそんなに不自由しない。その他にもMetroと呼ばれる路面電車やモノレールがありますがこれは生活している人よりも観光用でしょう(City内のみ)。

この主要交通機関共有の定期券(Travel Pass)もあります、距離によって10種類にわけられているので買う前に自分が使う範囲をチェックして購入してくださいね。シドニー到着後すぐは、このTravel PassのRedを買っておくと便利です。最初の頃は色々と観光、学校探し、家探し等に動き回ることが多いと思います、これ1枚あればシドニーのある程度の範囲はカバーできます。
 
*電車
ダブルデッカーと呼ばれる2階建て電車、全部で10路線ありシドニーのほとんどの地域を網羅しています。

チケットは通常のチケット、1日チケット、定期チケットがあり、自分の必要に応じて買うことができます。通常のチケットは、片道(single)、往復(return)があり、往復チケットの場合、次の日の午前4時までだったら利用できます。また、オフピーク(平日の午前9時以降か週末・祝日)の往復チケットは通常のチケットの最高半額ほどの割引が効きます。
定期チケットは1週間有効の7day Rail Passと1ヶ月から1年有効のFlexi Passがあります。一定区間内であれば乗り降り自由のこのチケット、学校や仕事で毎日同じ駅を使う場合は便利でお得。7day Rail Passは午後3時以降に買った方がその日プラス7日間有効になるので学校や仕事帰りに購入しましょう。7day Rail Passは自動券売機でも買えますが、Flexi Passは窓口で購入してください。
駅でチケットを買う場合、自動機と窓口とありますが、自動機でお札(50ドルと100ドル札は使用できません)を使うとお釣りは全て小銭になるので要注意! またお札を入れる方向が決まっているので自動機に表示してある向きに入れましょう。

日本だと乗り越した時は下車駅で差額を支払えば通常OKだが、こちらではダメ。切符購入時に行き先を決めて買わなければならない。途中で行き先が変更になった場合は切符に記載されている駅で一度降りて再度買い直し。
ちなみに語学学校や専門学校に通っている学生は学割が効かないので注意が必要(バスも同様)。たまに切符をチェックする係員が来て見つかると罰金(100ドル)が課されます、気をつけて!

電車はバスよりも簡単、ほとんど日本と一緒なので初心者でも安心。通常、電光掲示板が駅にありますが、なんせシドニー! 時間通りにはなかなか来てくれません(バスの方がひどいが・・・)。約束の時間よりも早めに予定立てた方が安心。また行き先変更も結構ある。電車に乗っていたらいきなり行き先が変わるなんてことも(!)。車内アナウンスをよく聞いておきましょう。
 
*バス
白地に青色が目立つバス(全てベンツです!)の路線はシドニー近郊を広範囲でカバーしており、メインの道路から細い路地までサービスが行き届いています。

チケットは通常のチケット、回数券があります。通常のチケットは片道(single)、往復(return)があり、乗車の際に行き先を運転手に告げて料金を払うシステムです。
回数券は10回分有効のTravel Tenがあります、区間によって5種類に色分けされていて自分の利用する区間の色(Blue, Brown, Red, Green, Orange)を知る必要があります。直接バスの運転手から買うことはできないので、事前にニュースエージェント(Newsagent)で購入しましょう、期限はないので1枚持っておくと便利ですよ。回数券の場合はバス入り口にある緑のボックスに券を差し込む仕組みとなっています。
バスに乗る場合は小銭を用意しておきましょう、運転手がお釣りを持ち合わせてない場合は乗車拒否されます!

前のほうの席はお年寄りや子供連れ、障害者の方用。空いていたら座ってもいいが、そういう人たちが乗車したら席を譲りましょう。車内アナウンスは一切なし、初めての人にはとっても難しい。降りるバス停付近の風景を覚えておかないとならない。慣れるまでは運転手に行き先を告げてそこに着いたら教えてもらうように頼んでおくといい。降りるときは目的のバス停に着く前に車内の赤色ブザーを押してください。
バスに乗るとき、手を挙げないとバスは止まってくれません。タクシーを止めるときの感覚で運転手に知らせてください。そのまま素通りされます! 運転手は乗車拒否する権利があります! 立っている乗客は一応15人までと決められていますが、運転手がこれ以上乗客を乗せることができない、と思うとそのままバス停を素通りしてしまいます。
 
*フェリー
フェリーは主要交通機関の中でも一番マイナーだけど、交通渋滞を気にすることなく、しかもシドニーのハーバーを優雅に楽しむことができる便利でちょっと観光もできちゃう優れもの。

チケットは通常チケットと回数券があって、通常チケットは片道(single)、往復(return)があり、フェリー乗り場、またはフェリー内で係員から購入可能。回数券はバスと同様10回分有効のFerry Ten、半額とまではいかないが、それに近い割引が効くのでフェリーを使う頻度が多い人は買っておくと便利。
 
*食事
【ここが違う!】にも記述してありますが、こちらではいつでも各国の本格的な料理を楽しむことができる。
ただ、1人でレストランには行きたくない、とか、レストランは高いから行けない、という方にはフードコートがオススメ。気軽にお得な料金で多国籍料理を嗜める。シドニー市街にもフードコートはそこら中にあり、平均6ドル50セント(約450円)でお腹いっぱいになるほど食べれる。
お昼時間には学生や地元の人たちで込み合うので12時半から2時の間だと席が見つからないことも。そんな時には、お持ち帰り(こちらではtake awayと言う)を頼もう。ほとんどの料理をお持ち帰りすることができる。天気のいい日にはお持ち帰りを頼んで、近くの公園の芝生の上で昼ご飯、ということもこちらではよく見かける光景。
毎日違う国の料理を緑がきれいな芝生の上で楽しむ、こちらに来たら是非経験してみてください!
 
*スタッフの対応
"スタッフの応対"とおおまかに括ってしまっていますが、わかりやすく言うと、'人によって言うことが違う'んです!
例えば、何か店で探し物をしていてスタッフにこの店に置いてあるかどうか聞いても置いてないと言う。どうしても必要なものだったので自分で探してみたら見つかったとか。手数料かかりません、と言われて、別の日に行き同じ質問をしたらxxドルです、と言われたり・・・。結構あります。それが個人経営のところだけではなく、郵便局や移民局等でも常日頃あるので注意が必要!
一度言ってダメとか出来ないと言われても挫けず、次の日や時間を少しおいて他のスタッフに聞いてみて下さい。それで案外OKなことが多いので。とても大切なことであれば、信頼できる人に聞くか、自分で調べるのが一番!です。
 
*ネットワーク
ここでは人の繋がりがすごく強い。"コネ"って言っていいのか不明だけど、どんなことにおいてもここで生活していくのには欠かせないもの。それで仕事が見つかったり、住む場所が見つかったり、サービスしてもらったり・・・。
私のところにも'友達で部屋探してる人いないか?'とか、'日本語話せてフルタイムで働ける人知らないか?'とか色々と話がくる。逆に'友達が紹介してくれたんだけど・・・'、と言うと特別サービスしてくれたり、ね。なにか探すときは必ず周りの人に知らせておくと結構いいニュースが入ってきます。
日頃から友達は大切にしましょう!!
Copyright (c) 2003 ABIC All rights reserved
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO